2018.01.26更新

男性も注意!シミトラブルについて

近頃は男性でも肌トラブルに悩む方が増えてきています。
シミができると肌が老けて見え、印象を悪くしてしまう恐れがあります。
特に男性の場合はケアをする習慣がないため、シミができてしまいやすい傾向にあります。

シミは皮膚の中で生成されるメラニンと呼ばれる色素が沈着してできるものです。
メラニンは本来であれば、身体を紫外線の脅威から守る優れた働きをし、ターンオーバーによって28日ほどで皮膚から剥がれ落ちます。
しかしターンオーバーが乱れることによりメラニン色素が皮膚に残ってしまうと、やがて沈着してシミとなってしまうのです。

肌トラブルの原因はいくつかあります。
一つは紫外線です。
一般的にシミは老人性色素班と日光性黒子があり、これらは紫外線が元となって発生するものです。

肌は紫外線を受けるとメラニンの働きが活発になり、色素沈着を起こします。
濃褐色や淡褐色の色素班が顔や腕、背中や腕など露出の多い部分に発生します。
若い頃よりも代謝が落ちる中年以降に現れやすいです。

もう一つの原因はニキビです。
ニキビは色素沈着炎症である場合が多く、ニキビ跡を放置しているとそこが紫外線の影響を受け、より濃くなってシミとなってしまいます。
ニキビが化膿すると炎症が皮膚にまで達するため、肌が凹凸になってしまうリスクも高まります。
ニキビ跡を放置しておくことはシミだけでなく、肌質をも悪化させてしまう危険な行為なのです。

そして男性に多いシミの原因がタバコや食事などの生活習慣です。
タバコに含まれるニコチンには代謝を衰えさせる性質があり、メラニンが排出されにくい環境となってシミが増加する原因となります。
食事を始めとする生活習慣の乱れは代謝の悪化や血行不良を引き起こし、ターンオーバーのサイクルが乱れてシミを発生させます。
栄養バランスが偏ると肌のケアに必要な栄養が不足するため、より悪化しやすくなります。

また、スキンケアが正しくできていないと肌の乾燥を招き、コラーゲン不足に陥ります。
すると肌細胞の生成が減少し、メラニン色素が沈着しやすくなります。
乾燥を防ぐために用いられる化粧水ですが、使い方を誤ると逆効果です。
肌に化粧水を浸透させるために強くパッティングしたり、擦ってしまうと肌へ刺激を与えますが、この行為で角質層が傷つき、乾燥がかえって進んで肌トラブルへと繋がってしまうのです。

女性より男性の方がシミになりやすい理由

実は女性よりも男性の方がシミができやすいと言われています。
その理由はスキンケアをしない方が多いからです。

メラニン色素を生成する紫外線をダイレクトに浴びてしまうと、肌トラブルを招く原因となります。
男性であっても日焼け対策は万全に行う必要があります。

普段メイクをしない男性は顔にも日焼け対策用の成分が入った化粧品を塗ることがありません。
そのため紫外線の影響を受けやすいのです。
また、保湿が十分に行われていない日頃のスキンケアにより肌がダメージを負っていることが多く、そこへ紫外線が蓄積することでシミが発生しやすい肌環境が作り上げられてしまいます。

面倒であっても外出する時は日焼け対策を施しましょう。
男性であれば日焼け対策成分の入った男性用ケアアイテムがおすすめです。

男性は髭剃りをすることが多いですが、その際に実は目に見えない小さな傷をたくさん付けてしまっています。
ケアを行わずに髭剃りを繰り返していると、刺激によってメラニン色素が沈着してシミができてしまいます。
髭剃りの前後には男性用ケアアイテムでしっかりと保湿を行わなければいけません。
また、男性用ケアアイテムには保湿成分以外に栄養成分が配合されているものが多く、ニキビ跡にも作用します。

ニキビ跡をケアすることで炎症が治まり、肌のターンオーバーを促進させることができます。
すると肌質が改善され、シミを予防できるのです。

男性は女性と比べて生活習慣が乱れやすく、これによって肌トラブルが起きることが多いです。
毎日洗顔した後に男性用ケアアイテムで保湿することを忘れず、また食事も栄養が偏らないよう野菜を摂ることを心がけてください。
一度定着した生活習慣を改善することは簡単ではありませんが、毎日継続することが大切です。

男性用ケアアイテムで日焼け対策やニキビ跡の改善、保湿を十分に行うなどの生活習慣を作ることで、徐々にシミができにくい体へ変わっていくはずです。

おすすめ記事