2017.12.23更新

普段から意識するべきスキンケアのポイント
スキンケアは誰もが毎日行っていると考えられますが、実はその方法によって肌へのダメージが起こることもあります。
意外に多くの人が行なっているダブル洗顔やマッサージ、その後の化粧水や美容液、乳液やクリームなど多くのスキンケアが逆効果になっている可能性があるのです。

洗顔やマッサージの行い方を間違えると摩擦が起き、それによって肌荒れを起こしたり敏感肌になったり、シミやくすみの原因になることもあるのです。
擦るような方法で洗顔やマッサージをすると肌の表面に細かなキズが付くことがあり、そうなると身体は外的刺激から守るために皮膚を厚くするよう働きます。
特にマッサージは摩擦が起こりやすく、正しく行えている人は少ないと言われています。

厚くなった皮膚は毛穴の表面をふさぐことがあり、皮脂の排出がうまくいかなくなるためニキビや吹き出物の原因になります。
さらに、肌のターンオーバーが乱れることで、透明感が低下するとともにシミやくすみを目立たせるのです。

また、丁寧な洗顔は大切ではあるものの、洗いすぎや洗浄力の強い洗顔フォームなどを使うことによって皮脂を取り過ぎてしまう場合があり、乾燥から肌を守るためにさらに皮脂の分泌が激しくなります。
そのため、酷い脂性肌や敏感肌になる可能性があるのです。

このように、肌をキレイにするために毎日丁寧に行っているスキンケアが逆に良くない影響を与えている場合があるのです。
そのため、普段から摩擦を起こさないスキンケアを行っていくことが肌をキレイにする秘訣とも言われています。
刺激を与えないようにするには、極力触らないようにするのが有効でしょう。

シミやシワ、たるみやテカリなどが起こらないようにと考え日頃から様々なスキンケアを取り入れているのに皮膚の状態が良くないという場合には、その方法や種類の見直しをしてみるのも良いと考えられます。
スキンケアで必要なことは実はそれほど多くは必要ないのです。

肌の自然治癒力にまかせて敢えて何もしないケアもある
間違ったスキンケアを行い肌のダメージが起こった場合、それを改善するために違った化粧品やもっと栄養たっぷりの化粧品を使ってスキンケアをすれば良いというわけではありません。
肌には自然治癒力が備わっているので、肌を正常に整えるためにあえて何もしない、シンプルなスキンケアにするのも有効な方法のひとつです。

何もしないケアとはいえ、肌の表面の汚れを落とすための洗顔は必要でしょう。
洗顔はできるだけマイルドな洗浄料を使用し、優しく洗いましょう。
そして、マッサージなどの特別なスキンケアは行わず、肌に極力刺激を与えないようにしてみると自然治癒力によって徐々に変化が起こる可能性があります。

自然治癒力とは、人がもともと持っている能力です。
皮膚は体の中の水分が蒸発しないように保つ能力を持っています。
また、病原菌などからも守ることもできます。
あえて何もしないようにしたとしても、自然治癒力によって正常な皮脂膜が再生されるのです。
過剰なスキンケアを止めることが一番のケアになるかも知れないのです。
もしも、年齢的に皮脂の分泌が少ないことが不安だという場合には、ワセリンなどを使用して皮膚の表面を保護するだけでも十分と考えられます。
この場合にも、皮膚を擦らず抑えるように塗りましょう。

健康な皮膚であれば、空気が乾燥していたとしても体内の水分はしっかりと保護されるため乾燥することはないと言われています。
こうしたバリア機能の正常な健康な皮膚を育てるためには、過保護なスキンケアをさけできるだけ何もしないケアに変え、生活習慣の改善や睡眠不足の解消などを心がけることが大切です。
自分の自然治癒力を信じて、一度何もしないケアをしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事