2017.07.31更新

日常生活における肝斑の予防方法

肝斑に影響を与えるものとしては、肌への刺激、紫外線などが考えられています。
そこで、日常生活で肝斑を予防したいと考えるのであれば、これらを生活の中から取り除く事が重要です。

肌への刺激に関しては、パッティングやマッサージが挙げられます。
例えば、パックをした後に有効成分を肌に浸透させようと、肌を叩いてパッティングしていないでしょうか。
また、たるみを解消しようと、力を入れてマッサージを行っていませんか。
これらはいずれも、肌にとっては刺激となります。
刺激を受けた肌では炎症が起こり、その結果色素沈着に繋がると言われています。

さらに、基礎化粧品のライン使いも要注意です。
何故なら、基礎化粧品のライン使いを行うと、当然ながら肌に触れる回数が増える事になります。
そして、基礎化粧品ごとにパッティングを行っていたらどうでしょうか。
肌は何度も何度も刺激を受ける事になり、結果的にはスキンケアどころか肝斑を生み出す事になってしまいます。

そこで、スキンケアの際には、出来るだけ肌に刺激を与えないようにしましょう。
例えば、オールインワンジェルを活用するというのも、オススメの予防方法です。
何故ならオールインワンジェルには、化粧水、乳液、美容液、クリームなどが全て入っています。
つまり、オールインワンジェル1つで、基礎化粧品のライン使いと同じ事になります。
しかも肌に触れる回数は1回だけとなり、当然ながら肌に与える刺激も少なくなります。

年齢を重ねる度に、基礎化粧品の数を増やして対処しているという女性も多いでしょう。
肝斑の予防の為に、もし基礎化粧品の数を増やしているのであれば、大間違いです。
出来るだけ肌に触れる回数を減らした、シンプルケアへと方針を変えるようにしましょう。

そして、洗顔の際にも決して肌を擦るような事は控えましょう。
クリームもしくは泡タイプの洗顔料をたっぷりと使って、手が肌に触れないように顔を洗いましょう。

肝斑対策に日焼け止めは有効!正しい塗り方とは?

肝斑に多大な影響を与える紫外線に関しては、対策として1年中日焼け止めを使用するようにしましょう。
紫外線が厳しいのは夏場だけと、それ以外の季節は日焼け止めを塗らない女性もいるはずです。
しかし実際のところ、紫外線は1年中降り注いでいます。
そこで、季節を問わず紫外線対策を行う事が、肝斑の予防には欠かせません。

また、日焼け止めを塗る場合には、正しい塗り方で塗る事が重要です。
正しい塗り方とは、皮膚1平方センチメートルに対して2mgの日焼け止めを塗る事です。
これを下回る量では、紫外線カット率はおよそ20分の1以下にまで下がってしまいます。
皮膚1平方センチメートルに対して2mgの日焼け止めを塗ると、多少べたつきを感じるかもしれません。
どうしてもべたつきが気になるという方は、肝斑が出やすい頬周辺だけでも、この正しい塗り方で日焼け止めを塗るようにしましょう。

さらに、日焼け止めは指でトントンと優しく叩くように伸ばしていきましょう。
つい肌を滑らせて一気に塗ってしまうという方もいますが、これでは摩擦が起きてしまいます。
摩擦は肌にとって刺激なので、肝斑予防に悪影響を及ぼしてしまいます。
そこで、摩擦を起こさないよう優しく伸ばしましょう。

紫外線予防アイテム日焼け止め以外の紫外線予防アイテムとして活用したいのが、サングラスと帽子です。
目から入って来た紫外線も肝斑に影響を与えると言われているので、サングラスをかけて目から紫外線が入らないようにしましょう。
サングラスのレンズの色が濃いと、紫外線が吸収されやすくなってしまいます。
その為、サングラスのレンズの色は透明もしくは薄いものを選びましょう。

帽子は、顔全体にあたる紫外線を予防するのに有効なアイテムです。
特にツバの広いデザインの帽子を選ぶと、より効果的です。
ただし、サングラスのレンズとは異なり、帽子は色が濃いほど紫外線カット率が高くなるので、黒や青などを選ぶのが重要です。
屋内では日焼け止めだけでも十分ですが、屋外に出かける際には、サングラスや帽子といったアイテムを併用するのが、肝斑の予防では重要です。

おすすめ記事