2018.02.26更新

年代別に見る女性が悩む肌トラブルについて

肌の悩みは人それぞれです。
個人差もありますが年代別によっても、悩みやすいトラブルがあります。
年齢を重ねて太りやすく・痩せにくくなったなど年齢で、体型の変化が起こるように肌も年代別で違う悩みが起こりやすくなるのです。

女性の場合、10代と50代とでは肌の悩みに大きな違いがあります。
10代の肌はまだ不安定で、皮脂分泌も過剰という事もあり毛穴詰まりや毛穴詰まりによる黒ずみ、ニキビといったトラブルが起こりやすいという特徴があります。
20代も10代同様、まだ皮脂の分泌が多い女性が多くニキビや黒ずみが起こりがちです。
また、20代は仕事を始めてストレスから、肌状態が不安定となる事でもニキビが出来やすくなります。

30代は肌にとって、1つのターニングポイントです。
毛穴の開きや、それにともなう黒ずみも起こりやすいですが、シミと乾燥が気になる女性も増えてきます。
30代は10代・20代で浴びてきた日光のダメージが、出やすくなってくる年代です。
日焼け止めなどを使い日光対策をしてこなかった女性の場合、少しずつシミや色素沈着といったトラブルに見舞われるようになります。
また、加齢からくる乾燥も30代に多いトラブルです。

40代ともなると30代で気になり始めたトラブルが本格化してきます。
シミや乾燥の他にも、目元やほうれい線といったシワも目立つようになるのです。
シワは皮膚の弾力の無さで起こるトラブルです。
弾力の無さは40代から50代にかけて、ますます進んでしまいます。
50代はターンオーバーという機能も低下する事から、メラニン色素の排出自体が上手く行われなくなり、40代よりもさらにシミに悩みやすい状態です。
皮脂分泌は少なくなるので、40代・50代以降ニキビに悩まされる女性は少なくなるものの、黒ずみにシワ、シミに乾燥、弾力の無さなどトラブルの種類が増えるという傾向にあります。
このように、年代別に起こりやすいトラブルには違いがあるので、年齢に合わせたケアが必要です。

美顔器を使ったケアは若い年代から始めても良い

10代・20代・30代・40代・50代以降と、年代別で悩む肌トラブルには違いがあります。
トラブルが本格的に気になり始めてから慌ててケアを行っても、改善されるまでには時間がかかってしまうでしょう。
また、場合によってはケアでは追い付かず、解消するには美容医療の手を借りなければいけないというケースも出てくるかもしれません。

年代別で悩むトラブルには違いがありますが、早めに美顔器でのケアを始めておくとトラブルの予防に繋がります。
美顔器でのケアは年齢を重ねてから・・と考える女性も少なくないようです。
しかし、早め早めのケアが美しい肌をキープする事に繋がるのです。
美顔器には様々な種類があるので、自分が悩むトラブルに合わせて選びましょう。

皮脂分泌が多くニキビや黒ずみが気になるという場合、イオン導入という美顔器がおすすめです。
イオン導入でケアする事によって、皮脂分泌をコントロールしたり毛穴に詰まった皮脂の酸化を抑える効果が期待出来ます。

細かいスチームが出るスチーム美顔器は、角質層にまでスチームを届ける事が可能です。
角質層をスチームによって潤わせる事ができるので、乾燥で悩む方に向いています。
パックをしながらスチームを当てる事で、よりパックに含まれる美容成分を浸透させられます。
乾燥によるシワに悩んでいる方にも、おすすめの美顔器です。

皮膚の弾力の無さによって、シワが出来やすいという場合は超音波美顔器でケアしてみましょう。
超音波美顔器は超音波の刺激によって、血行を改善する効果があります。
血流が良くなると肌の新陳代謝がアップします。
すると、肌細胞の働きも良くなる事から、コラーゲンなどの生成量が増え弾力の無さを解消すると言われています。

「まだ肌で悩んでいる事は無い」と思っている女性も、いつシワや乾燥などのトラブルが起こるか分かりません。
まだ肌が美しいうちに美顔器でお手入れをする事が、将来の肌の美しさに繋がるのです。

おすすめ記事